存外年齢は関係ないのかな

最近、職場で思ったことがあります。若い衆と自宅のパソコンについての話をしていて、ネットやアプリの話は出てくるんですけど、パソコンを使うための技術や知識といった部分についての話が全く出てこないんですよね。まぁ確かにソフトやハードの話ってのは必ずしも必要なモノではありませんからそれはわかるんですけど、存外知らないもんなんだな、と。特にハードウェア面についてはほぼ知識が皆無に等しいんですよね。それが意外でした。

今の若い子たちって、そういうIT系のスキルや知識の基礎的な部分ってのは学校で学ぶはずなんですよね。私ももう10年ほど前になるんですけど、高校で情報処理基礎、という形でパソコンの基本構造といくつかのソフトの使い方を授業でやったんです。
普通高ですらそうなんですから、商業高校とかですと余計なんじゃないんでしょうかね?今の高校のカリキュラムがどうなっているのかは知りませんけど。ですので、年齢の若い子の方がこの手の知識やスキルってのはあるもんだと思っていました。

しかしそうでもないもんだ、ということがわかりまして。以来若い衆が職場のパソコン操作とか自宅のパソコンについてとか、結構話を持ってきてくれるようになりました。とりあえず私に聞けば大丈夫、みたいな。ちょっと若い衆に一目置かれた、みたいな感じでして。この手の知識に年齢ってのは関係ないな、と思ったわけです。

さて、世間のおっさんの皆さん。この手のスキルや知識を持っていると、年齢関係なく一目置かれたりしますので、若い衆に尊敬されたいんであれば、今からでもがんばってみてはどうでしょう?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です